banner

シェーバー持参?

どうやら銀座カラーではシェーバーを持参してくる必要があるとのことで、一体何故なのか?と思い調べてみました。理由はシンプルで第三者に刃物を当てるときには何かしらの免許が必要だということで、一番わかりやすいところだと美容師さんは顔剃りNG、床屋さんは顔剃りOKといったところになります。お医者さんはいわずもがなOK。看護師さんも手術の際に体毛をそったりする業務があるのでOK。
最初は銀座カラーだけかと思っていたのですが、どうやら脱毛サロンのほとんど全てがシェーバーを持参するように伝えられるとのことです。それか自分で事前に処理するかの2択になるのですが、いざ当日に下処理が不十分だと脱毛できないこともあり得ますし、背中の場合は自分の手だけではできないのでほぼ必須となります。なのでいずれにせよシェーバーを事前に購入しておいたほうが良いようです。
最近のシェーバーはかなりデキがいいので、カミソリより肌への負担がなく処理することができます。このシェーバーの分の代金は自腹になるのでちょっと残念ですが、安いところで3000円くらいからなので大したことはありません。銀座カラーではシェーバーを持参してくることになるわけですが、もしもこの下処理のためだけにスタッフに免許を取得させていたら、それこそ料金の値上がりにつながってしまいます。そもそもカミソリより安全なのでシェーバー代金に目をつぶれば何も問題ありません!

Copyright(c) 銀座カラーのマイナー情報. All Rights Reserved.